MENU

はなしことば ロゴ

Pickup
生産者レポート
世の中にまだ無い、新たな「スカビオサ」を生み出す
フラワーガーデン寺尾 /
長崎県
[2020.10.31 更新]
爽やかな風が吹き抜ける雲仙市愛野町。小高い丘の上で美しく咲き誇っているのはスカビオサ。優しくふんわりとしたフォルムが特徴的なスカビオサは、品種によって色味や形が異なるのが魅力の一つ。色とりどりで個性的な可愛らしい花々が、見る人の目を楽しませてくれます。
世界中でも珍しいスカビオサの「育種」に取り組む
世界中でも珍しいスカビオサの「育種」に取り組む
そんなスカビオサを丹精込めて育てているのは、花農家の寺尾祐輔さん。
寺尾さんはスカビオサの新しい品種を育てる「育種」に力を入れています。
実はスカビオサの育種をしている農家は世界中でも珍しく、寺尾さんはその中の一人として、世の中にまだ無い、新しいスカビオサを次々と生み出しています。
スカビオサは元々傷みやすい品種で、花束などに使用される機会も少なく、知名度の低い花でした。しかし、寺尾さんは何度も試行錯誤を繰り返しながら、根気強くスカビオサと向き合い、育種に取り組んだことで、今では強くて丈夫な品質の良い花を育てることに成功しました。以前は添え花として定着していたスカビオサですが、今ではメインの花として取り扱ってもらえるようになるまでに成長しました。
こだわりを持って一本一本を大切に育てる
こだわりを持って一本一本を大切に育てる
寺尾さんは、本数より品質を重視した花の育て方にこだわっており、植え付け本数を通常よりも少なくすることで、より一本一本の花に十分な風や陽の光が当たるよう工夫を施しています。一つひとつ手間暇と愛情をしっかりとかけて育てられたスカビオサは、生き生きとしており、丈夫で大輪の花を咲かせることができます。
花の魅力をより高めるために
花の魅力をより高めるために
近年、寺尾さんが特に力を入れて育種に取り組んでいるのは「花粉」が出ない品種のスカビオサ。花粉が出るものは飾っているテーブルに粉が落ち、手入れ等が大変ですが、新しい品種は花粉が出ず、どこにでも飾りやすいのが魅力です。このように、寺尾さんは実際に花を手にとる購入者の目線になって花を育種されており、スカビオサの魅力をより高め、多くの方に花を好きになってもらうための研究を日々続けられています。これからも新たな品種のスカビオサが私たちの目を楽しませてくれることでしょう。
花は目で見て、元気を貰えるビタミン
花は目で見て、元気を貰えるビタミン
元々はいちご農家だった寺尾さん。奥様が「花好き」だったということで始めた花の栽培も30年目となりました。5年前には、農園で育てられた新鮮な花を直接購入することができる「フラワーショップ スリール」もオープン。SNS等も活用し、スカビオサの魅力を地元から世界へ発信しています。
「花は目で見て、元気を貰えるビタミン。皆にスカビオサの魅力を知ってもらうために、今後も新たな品種を生み出し、ファンを増やしていきたい。」と寺尾さん。
今日も寺尾さんの育てた様々な品種の美しいスカビオサが、多くの人の心を癒しています。
「はなしことば月刊誌」もご覧ください!!
フラワーガーデン寺尾のスカビオサで、オフィスを華やかで優しい空間に
フラワーガーデン寺尾のスカビオサで、オフィスを華やかで優しい空間に
今回、ご紹介させていただいたフラワーガーデン寺尾のスカビオサは12月3週目の花の定期便にてお届けする予定です。花の定期便「はなしことば」では生産者の方が手間暇かけて育てた、こだわりの花をオフィスにお届けいたします。
花の定期便を申し込む
JA中野市 /
長野県
FreeZe /
長崎県
栗林健一さん /
長崎県
江頭花園 /
長崎県
FreeZe /
長崎県
フラワーガーデン寺尾 /
長崎県
諫早カーネーション部会 /
長崎県
公式Instagram 「はなしことば」の魅力を発信中!
公式Instagram 「はなしことば」の魅力を発信中!